温泉ソムリエ認定者数



温泉ソムリエのメルマガ

「温泉ソムリエが教える!幸せになる入浴法」indexへ

「温泉ソムリエが教える!幸せになる入浴法」indexへ戻る

第4章超疲労回復入浴法

●超疲労回復入浴法

Q50.スポーツ後の疲労回復には、全身に冷たい水を浴びるのが有効だ。
    答えは→×


スポーツ後の筋肉痛の原因は、主に疲労物質の乳酸などが体にたまることです。
血管を広げて血流をよくすると、この乳酸が体外に排泄されやすくなり、疲労回復につながります。

具体的には、「温冷交互浴」というものをおこないます。

体にお湯と水で温冷刺激を与えることにより末梢血管が広がり、疲労物質が排泄されやすくなるのです。
ただし、心臓付近は冷たい水で刺激すると危険も伴います。

そこで、膝下など、体の末端を中心に「温冷交互浴」をおこないます。

お湯で膝下を温めること3分、水で冷やすこと1分、これを3〜5回繰り返します。
テレビを観たり読書をしたりしながら、2つのバケツなどを使っておこなうこともできますね。

浴室でおこなう場合は、「お湯3分」は膝下だけでなく、浴槽に浸かって普通に入浴してもいいです。
水1分は水をはった桶に足をつけてもいいですし、水のシャワーでもいいです。
冬など特に水が冷たい場合は、水での刺激は10〜20秒程度でもいいでしょう。
また、膝下でなく、腿より下やヘソより下、腕など、疲労箇所により、心臓の遠くであれば温冷刺激の場所は変えても結構です。